木下の介護

お電話でのお問い合わせ
フルーダイヤル:0120-88-6090 受付時間 平日・土日祝 9 : 00 〜 18 : 00
メールでのお問い合わせ
資料請求
見学・体験入居のお申し込み
土地活用のご案内
介護施設の企画・開発

ご入居者様ヒストリー

vol.19 病気と年齢とは一生のお付き合い目標があるから頑張るよ/ライフコミューン下総中山 佐藤嘉明様・喜美子様 ご夫妻(2015年ご入居)

「よっちゃん」と「きみちゃん」の仲良しご夫妻

おふたりだけの呼び方があり、終始、照れながらも微笑み合っている姿が印象的な佐藤ご夫妻。 嘉明様「転勤ばかりで各地を転々と忙しい思いをしたけれど、二人で転勤先の土地を見て歩いたね」おふたりで出かける習慣はご入居後も変わりません。嘉明様は「荷物持ちは男の宿命だから(笑)」と言いながらも、仲良く出かけられ、たこ焼きやお寿司をお土産に買ってきては召し上がっているそう。嘉明様「若い人も同じだと思うけど、たまに外のものを食べるから、自宅の食事に安心するんだよ。ここでの食事は体調によっておかゆに変更したり、家族に接するように対応してくれるからいいよね」

社交ダンス イメージ写真
体操が日課の喜美子様。社交ダンスを習いに週3回通っているそう。
『週3回とも曲が違うから、覚えるのが大変なの』
表札 イメージ写真
30代で建てたご自宅の表札。今はお部屋の表札として変わらずご夫妻を見守っています。

初回見学から入居まで、じっくり約3年

喜美子様「主人がパーキンソン病を発症したことが、ホームを探し始めたきっかけ。いつかは誰かの助けを借りなければ、ふたりだけの生活は難しくなると、主人は分かっていたの。正直、私はどんな状態になるのか想像が出来なかったわ。病気が進行するにつれ、主治医から『老人ホームに入居した方が良い』と勧められて、ふたりで選んだの」おふたりは、初回のご見学にお越しになってから、実際のご入居まで約3年をかけじっくりと検討されたそう。嘉明様「入居のきめては、担当の入居相談員が人情派で、妙に気に入ったからかな」喜美子様「私は入浴の回数と駅からのアクセスの良さ。あとね、お風呂屋さんが近所にあること。昨日も行ってきたのよ」嘉明様「入居してからは、しっかりと情報共有ができている体制に安心している。ちょっとした要望でも、誰かに言っておけば、みんなで共有してくれるんだ」

リハビリを乗り越えて祝杯をあげたい!

嘉明様「病気と年齢とは一生のお付き合い。運動量が減らないようにリハビリをしているけれど、不安はあるよ。僕ひとりではどうにもならないことを、ここではみんながカバーしてくれる。リハビリを頑張って、夫婦で遠方まで出かけるのが今の目標だよ。目標が達成できたら、大好きなお酒で祝杯をあげたいね」キラキラと目を輝かせる嘉明様と、その姿を優しく見守る喜美子様の表情がとても印象的で、ここでの生活の充実ぶりがうかがえました。

ライフコミューン下総中山 外観写真

ライフコミューン下総中山

施設の詳細を見る施設の見学を予約する
ページトップへ