木下の介護

お電話でのお問い合わせ
フルーダイヤル:0120-88-6090 受付時間 平日・土日祝 9 : 00 〜 18 : 00 ※受付時間が変更となりました
メールでのお問い合わせ
資料請求
見学・体験入居のお申し込み

ご入居者様ヒストリー

vol.13 元気の秘訣は「自分でやろう、楽しんでやろう」という気概かな。 ライフコミューン松風台 御輿 達也様(2012年ご入居)

ここの雰囲気が、自宅と変わらないように感じたから

大手電機メーカーに勤め、定年まで事業の第一線で活躍されていた御輿様。奥様を早くに亡くされ、横浜市戸塚区のご自宅でお独り暮らしをなさっていました。「腰を痛めて手術を受けたんです。術後もなかなか痛みが引かず、寝ている他にない。入院していても長くなるというので、ホームへ移る検討を始めたんです」

腰を痛める前、将来はホームへ入居することもあるかと考え、参考までに数件見学に訪れたこともあったそう。「しかし、いざ入居するホームを決めるにあたっては、幾つかを比較検討することはなかったですね。ここに決めた理由は近くに息子が住んでいることもありましたが、一番はやはり、ここの雰囲気が自宅で暮らす雰囲気と変わらないように感じたから。肌に合ったと言うか、親しみ……縁を感じて、『ここなら』とすぐに決めたんです」

映画鑑賞会スケジュール表 イメージ写真
掲示板には御輿様が作成されたスケジュール表が。週2回開催している理由は「僕がたくさん観たいから(笑)」
リビング横の談話コーナー イメージ写真
リビング横の談話コーナーで「スタッフが淹れてくれるおいしいコーヒーを飲みながらお喋りする」のだそう。右手の本棚には御輿様からの寄贈本が並び、ここにも「楽しみを共有する」心配りを感じる

「皆に喜ばれるかも」と、映画鑑賞会を提案してみたんです

「腰が痛くて寝ていることしか出来なかったのに、車いすを足で漕いで自由に動けるようにまでなりました。入居当時は想像も出来なかった……スタッフが本当に良くサポートしてくれた、その印象を非常に強く持っています」

根気よくリハビリを続け、現在のご状態まで回復された御輿様は「毎日暇で困ってるんだ(笑)」と仰いながらも、「リビングで『懐かしの名画鑑賞会』を開いているんですよ。初めは部屋で一人楽しんでいたんですが、ここには歳の近い人がたくさん居るでしょう。僕らの青春時代の娯楽と言えば映画でしたから、皆さんにも喜ばれるかもしれないと思ってホームに提案してみたんです。今では週2回、皆で昔を懐かしみながら観ています」とホームのお仲間と楽しみを共有。「鑑賞後は歓談タイム。映画がキッカケとなり昔話に花が咲くんです。その時間もまた良いものですよ」と目を細めていらっしゃいました。

心をしっかり持って、何でも楽しむ気概がないとね

お部屋では読書やインターネットをして過ごすことが多いそうですが「外出もしますよ。現役時代からの交流会へ参加したり、書店へ行ったり。出来ることは何でも自分でしますが、車いすなので送迎はホームにお願いしています」と、ご自分のリズムとホームでの暮らしを上手く調和されている御輿様。「心をしっかり持って、何事も自分でやろう、楽しんでやろうという気概がないとね」と語られる溌剌とした表情に、人生を愉しむヒントが感じられました。

ライフコミューン松風台 外観写真

ライフコミューン松風台

施設の詳細を見る施設の見学を予約する
ページトップへ