木下の介護

お電話でのお問い合わせ
フルーダイヤル:0120-88-6090 受付時間 平日・土日祝 9 : 00 〜 18 : 00 ※受付時間が変更となりました
メールでのお問い合わせ
資料請求
見学・体験入居のお申し込み

採用・講座情報

人として大切なことをお客様から学ばせていただく毎日です 入居相談員(営業部 第1エリア)長島 愛 2016年入社

木下の介護を選んだ理由

ご家族の悩みと真摯に向き合える環境に魅力を感じました

長島 愛さん 写真私が中学生の頃に祖母が介護施設に入っていたのですが、母がいつも世話をしていました。大変そうだった母を見ていたので、介護で困っている人を手助けできる仕事があると知ったときに興味が湧いたんです。
木下の介護では「介護職」と「営業職」と役割が分かれているのが魅力的でした。他社では、介護職の方が空き時間に営業するという場合もありますが、木下の介護では営業職で「入居相談員」という職種があり、要介護者のご家族ときちんと向き合っていくことで力になりたいと考えていた私にとって、ぴったりの仕事だと感じました。施設に入られるご本人様はもちろん、ご家族の方の話を聞いて力になれるということで、入居相談員を希望しました。

仕事の内容

困っている方の心の拠り所であるために、真摯に話を聞いてしっかりと心に寄り添う

長島 愛さん 写真地域の病院や包括支援センター、居宅のケアマネジャーさんのもとに訪問して「木下の介護の施設があるのですが、お困りの方はいらっしゃいませんか」と伺って周っています。
あとは地域の情報交換や雑談もしているんです。あまり「営業」することを意識しすぎず、まずは仲良くなることを一番に考えています。「こういうことで力になれるので、いつでも電話をください」という風に私は声をかけさせていただくようにしています。すごく困っているからこそ施設を探しているので、お話を伺うときは真摯に耳を傾け、その上でご本人様に合った施設を提案するようにしています。
この施設だったらこの方は楽しく生活できるんじゃないかな、というイメージを持ってご提案するのです。例えばお話が好きな方でしたら、お話できる方がたくさんいらっしゃる施設にする。編み物がお好きであれば手芸が盛んな施設をご提案してみるなどして、ご本人様が笑顔で過ごせてご家族の方も安心できるご提案をするようにしています。

エピソード

長い時を過ごした人にしかない「深みのある魅力」から、多くのことを学ぶ日々です

年を重ねた方にしかない魅力というものがあると思うのですが、そういった方々とふれあうことは自分自身の成長に繋がっているなと感じています。例えば先日ご入居された女性の方で、何十年も前にご主人をなくされていた方がいらっしゃったのですが、「あの人は本当に楽しい人でね、大好きだったのよ」とお話を聞かせてくださいました。長い間誰かを大事に思う方がご高齢の方には本当に多いのです。そういったお話を聞くたびに、私も周りの人を大事にする女性になりたいなと思います。そしてそんな方々とそのご家族のお力になれるように、より知識を付けていくつもりです。医療的なものから、自社の施設の情報まで、どんどん吸収していきたいと思っています。

就活アドバイス

営業という側面がある入居相談員の場合、自分から積極的に話すことはもちろん大切です。ですがやはり、聞くことも得意な方であれば尚更いいのではないかなと思います。
入居相談員としてご家族の話を聞く上ではとても大切な力です。もちろん入社して慣れていけばどちらもできるようになるので、不安に思うことはありません。私自身、話すことよりも聞くことが得意だったのですが、日々話をしたり聞いたりしているうちに、話をするということもできるようになりました。人の役に立ちたいという思いがあって、話に真摯に耳を傾けようという心さえあれば大丈夫です。

ページトップへ