木下の介護

お電話でのお問い合わせ
フルーダイヤル:0120-88-6090 受付時間 平日・土日祝 9 : 00 〜 18 : 00 ※受付時間が変更となりました
メールでのお問い合わせ
資料請求
見学・体験入居のお申し込み

採用・講座情報

本気で多くの人を支えたいと思ったから介護業界を選びました 入居相談員(営業部 第3エリア)島津 北斗 2014年入社

木下の介護を選んだ理由

介護は本当の意味で、「世の中の役に立つ仕事」

島津 北斗さん 写真「人助けに繋がる仕事がしたい」という想いがもともとあったということと、高齢化に伴って介護のニーズが高まるだろうという考えから、介護業界を志望しました。
例えば卸売業などの仕事も人の役に立つことができますし、感謝も当然されると思います。だけど介護はとても責任のある仕事です。誰かのご両親、お祖父さんやお祖母さんの第二の住まいを提案する、とても重要な仕事なのです。世間が思うよりずっと大切な、必要とされている仕事をしているのだと思っています。

そして数ある介護会社の中でも、木下の介護はとても働きやすい会社だと入社してから3年経った今も感じています。雰囲気が非常に良く、先輩方は優しいですし、必要なアドバイスもしっかりとしてくださるのです。入社前から親しみやすい雰囲気の会社だと感じていましたが、実際に入社した今も本当に温かい会社だと思っています。

仕事の内容

良い人間関係を作ることも、大事な仕事の一部です

島津 北斗さん 写真私は「入居相談員」という仕事をしておりまして、割り振られた担当エリアにある病院や居宅介護支援事業署を毎日訪問しています。そういった病院や事業所のケアマネージャーさんから、何か困ったことがあったときに「こういった事情の方がいるのですが、今空いている施設はありませんか」などといったご相談をいただくのです。
入居相談員という役職上、こちらから何かを提案するなどして営業をすることはもちろん大切です。しかしそれ以上に、日々訪問している事業所の方々が何を求めているのかをしっかりと聞き、理解することが大事なのだとこの3年間で思いました。お客様と本当に良い関係を作っていると、いざというときに頼っていただけるものなのです。

そしてこの仕事をしていて「嬉しい」と思う瞬間は大きく二つあります。一つはやはりお客様から「島津さんに頼んで良かったです」と言っていただけとき。次に、「入居相談員」は営業でもあるので、毎月の目標数字を達成することも大切になってきます。私は先月、数字の達成ランキングで一位を取らせていただいたのですが、そういった目に見える結果というものがあるので、達成したときの喜びは大きいものです。

エピソード

誇りと責任を持って、ご入居者が笑顔でいられる場所を探しています

入居相談員は、実際にご入居されている方と普段から触れあうことが多くはありません。しかし、自分が関わったご入居者となるとやはりどうしても気になってしまい、ご入居されてしばらくしてから伺うことはあるんです。ちゃんと満足して生活されているかな、楽しく過ごされているかなと、気になってしまいます。私たちの仕事は皆様の第二の住処を探すという、人生に関わっている仕事です。とても責任はありますが、やはりご入居されてから楽しそうにしている様子を知ったときや、ご家族に「ありがとう」と言われるときは、この仕事をしていて良かったといつも思います。

介護業界は、世間のイメージと入ってからのイメージは、良い意味で全く違うものです。実際に働いてみたら介護の業務が意外に合うという方はたくさんいるはずですし、介助のみならず「入居相談員」も本当に人の役に立つ仕事、お客様に感謝される仕事だなと思います。日本はさらに高齢化していくので、人助けがしたい、世の中の役に立ちたい、と考えている人にとっては、チャンスがどんどんもらえる仕事なのではないでしょうか。

就活アドバイス

介護の従来のイメージから、この業界に挑戦すること自体に戸惑いやためらいを感じてしまう人が多いと思います。私もはじめ不安でしたけど、それはどんな仕事も同じはずです。入ってしまえば慣れてきますし、そこまで不安を感じることはありませんよ。今就活している人たちに伝えたいのはもちろんのこと、就活していた頃の自分にもそう言ってあげたいですね。

ページトップへ