木下の介護

お電話でのお問い合わせ
フルーダイヤル:0120-88-6090 受付時間 平日・土日祝 9 : 00 〜 18 : 00 ※受付時間が変更となりました
メールでのお問い合わせ
資料請求
見学・体験入居のお申し込み

採用・講座情報

答えの無い世界だからこそ働く環境が重要 施設長(応援家族 東川口)西内 信二郎 2008年入社

木下の介護を選んだ理由

答えの無い世界だからこそ働く環境が重要

私はもともと福祉系の大学に通っており、大学生活の中で、障害児の付添いヘルパーのアルバイトをした事が、現在に至るまでの福祉系の仕事に就く大きなきっかけになっております。

そのアルバイトを通して、福祉の世界の魅力や、やりがいを感じ、自分自身の将来の仕事として考えるようになりました。就職活動中にいくつか福祉系の仕事を探している中で、木下の介護と出会い、木下の介護の担当ヘルパー制度に魅力を感じた事も入社に至るひとつのきっかけとなりました。

現在は若輩者ながら施設長という役職で仕事をさせて頂いております。私の目標は、自分の親を入れたいと思う施設作りと、働いている職員が自分の施設を胸を張って、よい施設だと言える環境づくりです。

そして木下の介護では、それが自分の力次第で目標を叶えられる環境であるのも魅力の一つです。

仕事の内容

ご入居者・ご家族に後悔の無いサービスを提供する事

施設長としての仕事は幅広くありますが、私自身が目標としているのは、木下の介護を選んで頂いたご入居者・ご家族に後悔をさせない事です。

施設でのケアは管理者・各専門職・介護職がチームとして連携していなければ成り立ちません。そのトップである事を認識し、チームとして機能させる為に何が必要でどのような課題があるか見出し、日々改善して行く事にあります。

例えばその課題が、業務内容であったり人間関係であったりと様々な面で改善させなければ成り立たなくなってくるケースという物があります。その課題を改善し円滑に業務を行い、ご入居者の方へ少しでもサービスとして還元できる仕組みを作る事がサービスの質を向上させる第一歩だと捉え、日々尽力しております。

エピソード

忙しい事を理由にしない

私が1年目の新卒の時に、介護職員として現場で働いていた時の事です。女性のご入居者の方に受診の為、付き添う事となりました。

そのご入居者の方は、点滴をする事になり「早く帰りたいわー。」「長い時間有難うね。」と私を気遣う言葉を頂きながら、他愛ない会話をしている中で状態が急変し、集中治療室へ運ばれ、その夜に亡くなりました。人の死というのを目の当たりにした経験等なく、ただ何も出来なかった自分自身を情けないと思いました。その時に当時私の上司であった施設長に言われた言葉が今でも私の胸に残っています。施設長から頂いた言葉は、あなたはプロだから仕事では悲しい顔をせずに笑顔でいる事。悔しい気もちが残っているなら、仕事の中で後悔する事があったという事。忙しい事を理由にしないで話しをゆっくりと聞くこと。あなたは医者でも何でも無いのだから、自分が後悔しないように出来る事をしなさい。と言われました。

ご高齢の方たちは何がきっかけで、容態が悪くなるか分かりません。何が最後の食事になるか、どんな言葉が最後の言葉になるか分かりません。だから木下の介護を選んで良かったと言って頂ける環境を作る事です。今でも、初心を忘れない為、自分自身が忙しいときには当時の施設長の言葉を思い出しています。

就活アドバイス

色々と悩んだりする事もあるかと思いますが、自分がやりたい事を見つける事はとても大変だと思います。自分の将来の為、今が頑張りどきです。一歩踏み出す勇気が就職活動を行う上で重要になると思います。

もし介護の世界に興味をお持ちであれば、当社に足を運んでみてはいかがでしょうか。皆様の将来に繋がるきっかけになるかもしれません。

ページトップへ