木下の介護

お電話でのお問い合わせ
フルーダイヤル:0120-88-6090 受付時間 平日・土日祝 9 : 00 〜 18 : 00
メールでのお問い合わせ
資料請求
見学・体験入居のお申し込み
土地活用のご案内
介護施設の企画・開発

ご入居者様ヒストリー

vol.25 ようは心の持ちようなんです。今まさに青春の中にいますね。/リアンレーヴ町田 鹿江 良夫 様(2014年ご入居) 、大野 尚子 様(2016年ご入居)

今回はご入居後に知り合い、それぞれの生活を愉しみつつ共通の趣味の話に華を咲かせる素敵なお2人にお話を伺いました。

「私は幸い者であるなと感じております」

鹿江様「妻が病気になり自宅でヘルパーさんのお世話になっていました。『介護』というものは大変なものでございましてね、経験したからこそ、ホームの皆様の苦労がわかります。介護をする家族も精神的に辛くなるんですよね。そんな時に紹介していただいたのがリアンレーヴ町田です。木下の介護の『理念』に合致したホームだなと感じました」

取材中の様子 イメージ写真
佐藤さん(写真左:鹿江様担当ヘルパー)、横山さん(写真右:大野様担当ヘルパー)
取材中の様子 イメージ写真
記念にパシャリ!

「入居してから知り合いができるって嬉しかったですね」

大野様「夫婦ともども体力の衰えを感じていた時に、私が転倒し緊急入院してしまって、ご紹介いただいたリアンレーヴ町田に主人が先に入居いたしました。私は3ヶ月ほどの入院を経ていざ自宅に帰ってみると何もできない状態だったんですね。そうしたらリアンレーヴ町田の部屋が空いているっておっしゃるでしょ。直ぐに入居をしたんですよ。今まで普通の家にいましたからね『ホーム』の内容を何にも知らなくって、周りの方達とどう付き合っていったら良いのか不安がありました。いざ入居してみたら、ね、話が合う方とお知り合いになれたでしょ」

青春とは人生のある時期ではなく、心の持ち方を言う(サミュエル・ウルマン『青春の詩』冒頭より)

鹿江様「音楽について共通の興味を持っておりまして、会話が楽しいですね。朝の5時の番組、日曜の9時からのオーケストラ番組などの話をするんですよ」
大野様「同じフロアに入居しているのでお食事をご一緒するんですけれど、会話は尽きませんね」
鹿江様「普段は自分の部屋で音楽関係の本やCD、DVD、ブルーレイディスクに埋もれて音楽漬けになっているのが楽しくて、時間を忘れて一流の音楽に聴き入っています」
大野様「私はホームのイベントに色々と参加しています。折り紙やフラワーアレンジメントとか。ここはスタッフのみなさんが一生懸命にやってくださるので、安心して居られるホームです」
鹿江様「一流の音楽をみなさんにも広く知っていただきたい、楽しんでいただきたいと思っています。音楽鑑賞会をホームの中で開催したいですね」
大野様「実現できると素敵ですよね」
お2人が知り合うきっかけとなった共通の趣味を活かし新たな提案をしてくださる大先輩方のイキイキとしたお姿に、ホームのあり方や気持ちの持ちようを教えていただきました。

外観写真

リアンレーヴ町田

施設の詳細を見る施設の見学を予約する
ページトップへ